【もう間違えない!】神社の玉串の作法とは?動画を使って詳しく解説!

神社に関係した言葉の中で、「玉串」と言う美しい言葉があります。

 

毎年8月になると、時の自民党総裁が「私費で靖国神社に玉串料を奉納し」などとのニュースが流れ、言葉そのものはご存知の方も多いでしょう。

 

しかし、実際どのようなものかは案外知られていないようなので、今回奉納の作法と共にご紹介したいと思います。

 

玉串とはどのようなものか

引用元:櫻井子安神社

形状

玉串は神道の様々な神事・儀式に用いられるもので、榊(さかき)など常緑樹の枝に、紙垂(かみしで)や木綿(ゆう)を飾り付けたものです。

 

北海道では櫟(いちい)を、沖縄ではガジュマルの枝を用いるなど、地方によってはその土地のものを使います。

 

これは酒や米・花・農作物などのお供え物にも言えることですが、神様は遠くの珍しいものより、その土地で普通に豊富に採れるものを喜ばれます。

 

いわれ

神話の時代、天照大御神が須佐之男命の乱暴狼藉に怒り、天岩屋戸に隠れてしまう事件が起こりました。

太陽の神がお隠れになっては、世界が闇に閉ざされます。

 

多くの神々がこれは大変、何とかして岩屋戸の外へ出て頂こうと、集まって知恵を絞りました。

天照大御神の御心を引きそうなものを用意して、見て頂いてはどうかと相談がまとまります。

 

その時に用意したのが、五百津真賢木(いほつのまさかき)でした。

 

これは岩屋戸の近くに生えていた賢木(さかき)を根ごと掘り出し、玉や鏡などで飾り立て、布刀玉命(ふとだまのみこと)が捧げ持って、天照大御神にお見せしました。

 

この時使った『根付きの賢木』を簡略化したものが、玉串の由来とされています。

 

玉串とはどのような時に捧げるものか

私たちが初詣など普段神社にお参りする時は、鈴を鳴らし頭を下げ手を合わせ・・・程度の参り方ですが、これは略式参拝になります。

これに対し、拝殿へ登り神職の方に祝詞をあげてもらったり、祈祷やお払いをしていただいたりの、参拝をする場合があります。

 

これを正式参拝・昇殿参拝と呼びますが、その時に神前に玉串を捧げる儀礼を、【玉串奉奠(たまぐしほうてん)】と呼びます。

 

玉串はこのような正式参拝の時に、穢れの無い神聖な心の象徴として神前に捧げるものです。

神霊を迎えると共に、自らの霊性を託して捧げるもので、神と人との融合の証としました。

 

これを玉串奉奠(たまぐしほうてん)と言いますが、例えば結婚式の場合、新たに夫婦となる二人は、深いご神慮により結ばれたものです。

 

その二人がこれからの結婚生活を、穏やかに末長く送る覚悟と決意を神前に玉串を捧げ誓うことに、意義があります。

 

玉串奉奠の通常参拝と略式参拝との違いとは?

普段の参拝との違いは、手水舎で身を清めるところまでは同じですが、その後拝殿前には進まず、社務所で正式参拝の旨を伝えます。

 

この時後述する用意して来た【玉串料】を納めます。

神社側の案内で拝殿に登りますが、拝殿では祈願の内容にそって、神職によるお祓いや祝詞奏上が行われます。

 

ついで参拝者は、神様への祈願と感謝の意を込めて、玉串を神前に捧げます。

次はいよいよ玉串奉奠の作法です。

 

玉串奉奠の作法

神様に失礼が無いように、玉串奉奠の作法も覚えておきましょう。

以下の動画でわかりやすく解説されていますので、ご参考になさって下さい。

 

結婚式やお宮参り・七五三のお祝いなど、一般の方でも決して無縁ではないのです。

イザと言う時慌てないためにもご覧ください。

わかりやすい動画ですが、今一度まとめておきます。

 

1.神職から玉串を受け取る時は、軽く一礼して右手で上から玉串の根元を、左手で下から穂先を支えるように持ちます。

少し肘を張り、胸の高さで保持します。

 

2.神前に進み一礼した後、左掌に乗せた玉串の穂先を時計回りに90度回します。

この時玉串は、立ち上がった形になります。

 

3.両手で根元を持ち、額の高さまで持ち上げ祈念を込めます。

 

4.右手を玉串の中ほどまですべらせて支え、左手で根元を持ちやはり時計回りに今度は180度回します。

この時玉串は水平に持ちます。

 

5.これで根元が神前に向きますので、玉串の中ほどを両手で支え、軽く一歩進みそのまま神前にお供えします。

 

6.一歩下がって、二拝・二拍手・一拝をします。

 

7.右の足から下がり、体の向きを変えて座所に戻ります。

 

玉串奉奠の事前の準備を解説!

玉串奉奠の作法については、わかりやすい動画で説明していますので、お参りする前の準備の事をお話しておきます。

 

(1)祝詞を上げていただく依頼

当日いきなり神社へ行って、「玉串を捧げたいのですが」と言っても神社の側にも都合があります。

 

特に、七五三などは混みあうことが考えられますので、まず神社に電話をして相談の上、良い日柄を選んで予約をしておきましょう。

 

(2)謝礼を用意しておく【玉串料】と【初穂料】の違い

特別にご祈祷をしていただくのですから、神社側へ金品を収めなければなりません。

謝礼の額は、神社によっては規定を設けているところもありますので、申し込むときに伺えば良いでしょう。

 

謝礼を納める時に使う熨斗袋や白封筒に、表書きとして【玉串料】と書きます。

七五三・お宮参りや結婚式の時に、特別にご祈祷や厄払いをしていただくので、謝礼として納めます。

 

良く混同されるものに【初穂料】がありますが、【玉串料】の方は、神式の葬儀や通夜などの不祝儀の際にも用います。

葬儀の参列者が持参する香典の表書きにも使えますが、神式で個人を見送る時に【御仏前】とは書きません。

 

対して【初穂料】と言う表書きは、不祝儀の時には使いません。

またお守りやお札(おふだ)を授かる時には【初穂料】と書きます。

 

以上が玉串を捧げる時の作法ですので、ご参考になさって下さい。

 

最後に

今回は、神社の玉串の作法について解説しました。

神社で恥をかかないためにも、玉串の作法をしっかり覚えてくださいね。

 

今回の玉串奉奠の動画や文章が、あなたの神社人生の役立つことができたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

神社好きのあなたにはこちらもおすすめ


2019年7月30日出版、道幸さんの最新作『ビジネスエキスパートがこっそり力を借りている日本の神様』の書評がこちらに掲載されています。

ぜひご覧ください。⇒http://bit.ly/2ORKnNP


また、こちらの動画もおすすめなので、あわせてご覧ください。





ビジネスプロデューサーの道幸龍現(武久)さんの動画です。

道幸さんは伊勢神宮のツアーを主宰をしたり、様々なビジネスの場面で活躍されている人です。

道幸さんのTwitterはこちらから確認できます。
道幸さんのTwitterを確認する

また、ビジネスでは、
  • 初代タイガーマスクである佐山聡さん
  • IQレスラーの桜庭和志さん
  • ワタミ創業者である渡邉美樹さん
等のとても著名な方とも一緒にお仕事をされています。


また、最近では神社の本も出版されており、アマゾンで1位を獲得しています。

きっとあなたに新しい考え方と大きなご利益を与えてくれると思います。

その他の動画はこちらから確認できます。

是非ご覧になってくださいね。
⇒ここをクリックしてyoutubeで道幸武久の動画を確認する

さらに、この道幸さんが開発に携わったイオン球(いおんきゅう)もおすすめです。

肩こり、腰痛等にお悩みの方は『イオン球』がおすすめ!



首の痛み、腰痛の改善に効果があるイオン球。

この開発にも道幸さんが携わっています。

その説明動画はこちらです。





開発秘話がこちらの動画です。





また、新聞の一面にも大きく掲載されております。



もしあなたが、
  • 首が痛い
  • 腰が痛い
等の症状であれば、1度この『イオン球』を試してみることをおすすめします。



アマゾンにはイオン球を実際に使った人の口コミも書かれています。

こちらからご確認ください。
アマゾンでイオン球の口コミを見る

イオン球の公式ホームページはこちらからご確認いただけます。
イオン球の公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です